こんなにもある脱毛方法のあれこれ

###Site Name###

脱毛には様々な方法があって、それぞれにメカニズムや効き目の出方が異なっています。今日本で最も多くの人に利用されているのがレーザー方式とフラッシュ式と呼ばれる方法です。

レーザー方式は美容皮膚科や美容外科といった医療機関で、フラッシュ脱毛はエステサロンで採用されています。
この二つはメカニズムがほぼ同じで、ムダ毛の毛根部分に熱を与えるレーザーまたは光を使用し、毛母細胞という発毛の原因となる細胞を破壊してムダ毛が再生しないように抑える効果を発揮します。

NAVERまとめのココだけの話をしましょう。

一定回数施術を行えばその後半永久的にムダ毛が再生することはなく、非常に長い期間に渡り効果が持続します。
1回の照射で広い範囲を処理できますので、両わき程度の部位であれば10分ほどで施術が完了するスピーディーさが魅力の一つです。


レーザーとフラッシュではレーザーの方が威力が強いためより少ない回数で脱毛を終えることが可能ですが、施術時の痛みはやや強くなる点が特徴です。


そのほかの方法にはワックス方式、ニードル方式があります。


ワックス方式は古くから利用されている方法で、ワックスをムダ毛が気になる部分に塗布し、はがす際にムダ毛をからめとることで脱毛効果をもたらします。
大変単純なメカニズムの方法で、効果の持続性は長くありませんが体毛の色にかかわらず処理が可能ですので、産毛の処理には特に有効です。

今よりも新宿のvio脱毛をさらに詳しく調べてみませんか。

ニードル方式は針を毛根に刺し、電流を流すことで毛根細胞を破壊して脱毛効果を得るという方法です。

毛根一つ一つを丁寧に処理していきますので仕上がりの美しさが特徴の方法ですが、施術時間が長いことや痛みが強いという理由から現在ではあまり利用されていません。